2006年 07月 27日
耐震偽装チェックリスト
a0041716_1514140.jpg

a0041716_15142092.jpg


大人の事情がありますんで、例によって例のごとく、変な書き方になりますが、ご容赦くださいね。

画像は、先だってある方が札幌市内のあるマンション、、、騒がれました、偽装計算書のなんと言いますか、、、モロ、そのまんまの、、ある構造事務所の計算書が、妥当なものかどうかを某設計事務所がチェックした、チェックリスト・・・を、如何なものか見てくれないかと、持ってご相談に来られまして、その原本です。(判ったかなぁ???)。皆さん、あんまりご覧になる機会なんぞ無いと思いますので、そのある方のご了解、、、物件の識別ができないように、、加工して、掲載しました。
また、少しでも大きく載せましょうと、画素数落したり、分割したりで、それでも見にくいとは思いますが、、、ご容赦。。

結果から言うと、これは、「OK」で~す。。という内容。つまり、計算書に関しては、まっとうな条件でまっとうに計算されています。。だから、少なくても再計算して、例の意味不明な「耐震強度指数?」でしたっけ??を計算する必要は無いですよ。。との内容。

画像の赤四角部分、、、皆さん、ご記憶ににあるかどうか?
アネハネハ氏が、偽造した手口、つまり、計算ソフトが正常に終了したかどうかのヘッダープリントを差し替えたりの原始的?手口が施されていないかどうかのチェックです。

あと、真ん中あたりは、計算の前提条件となるべき数字が、法定通りの数値で行われているか、図面との大きな齟齬がないかのチェック。あんまり気にしなくてよろしい。。。

最後のアンダーラインは見にくいと思いますが、「偽装はないと思います」と書かれています。
持ち込んで来た「ある方」には申し上げましたが、、、、この通りの内容であれば、この物件に関しては大丈夫だと思いますよ。。。

で、、、その方、、、実は雨漏りが・・・って、、それは偽装と関係ない部分の普通の欠陥です。(笑)まだ、10年経過していない建物のようですから、管理組合を通じて、強硬にクレームをつければ、施工者は法的に直す義務がありますんで、、、頑張ってください。

主人公達は逮捕され、処分は決まったのでしょうが、結局、その後「現物」はいったいどうなってしまったのか?全く聞こえてきません。イーホームズは解散したようですね。日本ERIはいまだに業務停止のまま。。。結構、我々の業務にも支障をきたしています。

建築士制度の改革については、国交省で、現在審議中。総裁選後の秋の国会には上程されるようですが、例によって、官と民(業界団体)が各々の立場でクンズホグレツジョウキョウフメイ。

残した傷口はあまりにも大きく、いまだにカサブタも出来ないまま、、、しかし、直接利害の無い方々の記憶からは薄れていく。。。

今日は、、、ここまで、、、(^m^)/

何かご質問ございましたら、ご遠慮なくこちらまで
mail to ㈱北工房 栃木

人気blogランキングへ
人気Blogランキングに登録しています。最近は、、ズーッと下位に居座ったまま。。。TT。0.1秒のワンクリックご協力お願いします。。。
[PR]

by kitakobo | 2006-07-27 16:02 | 建築すること・・つれづれに


<< まりもっこり      鑑真和上 >>