タグ:耐震 ( 3 ) タグの人気記事

2012年 03月 11日
20110311
やはり、今日は、この事に触れざるを得ないでしょう。

1年前、私はいつものように札幌の事務所の、今、座っているこの場所で、普通に仕事をしていました。
少々、大きい地震が来たので、書架から本が落ぬように注意しながら、揺れをやり過ごし、また、いつものように仕事をしていました。その後、関東に住む友人からのメールで、事の大きさに仰天し、その後はTVの前で、うろたえるだけでした。

非力ではありますが、建築設計の仕事に携わっている私が、真っ先に思い浮かんだのは、阪神。阪神地区の建物の設計はしておりませんが、少なくとも、「建物の安全」の重要性を、もう少し世の中にひろめるお手伝いができていたなら、、、あのうちの一軒でも救えたかもしれない。とても後悔しました。

今回の「津波」は、個々の建物としては、さすがに何も抵抗出来なかったかもしれない。しかしながら、市井の設計屋の職責として、やはり、現地は確認しなければならない。「理論」では無く「現実」を確認し、これからの家づくり、まちづくりに役立てなければならない。その一念で、この1年で2回ほど現地にも伺いました。

凄惨なお話には、あえて触れません。

私も現役として設計に関わるのはもしやしてあと10年あるか無いか。。。設計に携わる限り、クライアントの安全を最優先に。そして、自らの「個」ではなく「公」を念頭に、、、設計業務を行なっていきたい、、、と、改めて、心に誓っています。

書きたいことは、山ほどありますが、それは取りもなおさず、今までの建築設計業界、住宅業界(私も含めて)に、唾する事になります。一般の方々に、お聞かせできないようなお話もあります。ただ、、、少なくとも、これからの北工房はそれらにくみしない。

改めて、弊社の経営理念を。

•「(株)北工房」は設計を通じて「北海道の建築環境」の向上を目指すプロフェッショナルの集団です。

•「(株)北工房」はプロフェッショナルとして「自由な発想と創造力」「確固たる技術とノウハウ」をクライアントに提供します。

•「(株)北工房」は「社会モラルを遵守」し、全ての業務に「プライドと責任」をもって臨みます。

•「(株)北工房」は仲間と共に、それぞれの「夢」の実現に向って走り続けます。


栃木個人として出来る事、北工房として出来る事、、、それらと、着々とやる続けるしか無い。

ご冥福をお祈り申し上げます。


北工房のあれこれを動画でご紹介
http://www.youtube.com/user/kitakobo?feature=mhum

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム

FacebookではBlogに書けない本音をエントリーしています。基本的に面識の無い方の「お友達申請」はお断りしていますが、「いいね」をポチッとしてくだされば、、、即「お友達」。。(^m^)/
facebookの北工房
[PR]

by kitakobo | 2012-03-11 11:50 | つれづれに・・・
2007年 05月 27日
既存不適格
最近、相談をいただく中で、「既存不適格」の案件が多い。

既存不適格

最近のケースはほとんどが増改築に関するもの。例えば・・・・・・
一昔前に建てた工場に増築したいのだが、、、とご相談いただく、これが、結果として確認申請上、出来ない!って事になりがちです。

増築するにあたって、まず、、、工場の既存部分を耐震診断しなさい!って事になります。それが、「今」の基準でやれ!ってんですから、やんなくても結果は判っている。。当然 OUT!!!

で、OUTになると、増築と一緒に、既存の耐震補強工事もやれ!!って事になります。

で、、、もともと、ボロボロ(失礼)の工場で、やっと簿価も無くなり、かといって、使用するには充分。そんな建物に、下手をすると、増築部分の工事より、お金をかけて、改修する経営者ってのは、、、、いるはずが無い。

ただ、お金を掛ければ何とかなるのなら、まだいい方で、長い建築基準法の変遷の中で、こりゃ、、建て直ししなけりゃ、到底・・・無理。。。計算上、つじつま合わせられない。。(TT。。ってのがほとんどです。建物の用途によっては、若干、離して創り、別の建物ですよ!!って申請するウラ技?もありますが、工場なんてのはラインの都合上、そんな事はできない。。。

どうすりゃいいの????

◆◆

もっと、簡単に言えば、、、車検、取るのに、車検代以外にエンジン改造費?が200万円かかって、、誰が、車検、取るんでしょう??って事。お金があれば新車買うか、、お金が無ければ、車検取らずに乗り続けちゃいますよね。

法律の大原則は、施行以前に遡及しない、、、ってのが、基本のはずなんですが、どうやら、建築だけは、、別物のようです。。(納得でけん。。(-へ-#)

無論、建築の既存ストックを、できるだけ安全に、尚且つ有効に活用しよう。。という国の意向は判るのですが、せっかく、設備投資に廻せるお金が出来た企業の投資意欲をそぐ事にもなりかねない。。北海道は、特に官需が冷え込み、民需に移行するしかスベが無いのに・・・・

◆◆

工場のお話をしましたが、他にも「田舎の大規模な木造のお寺」「一昔前のコンクリートブロックの住宅」なんてもの具体的にありました。。。

弊社としては、コンプライアンス上、何とか、、、極秘に?というお願いはお断りするしか無いので、なかなか、簡単にはご期待に添えかねる場合もあり、、、心を痛めております。
ただ、、、どこかの怪しげな会社で目先の増築は極秘にやったとしても、今後、どんどん、めんどくさく、ややこしい話しになる事もあります。この機会に、一度、リセットされる事をお勧めします。

ケースバイケースで何とか、法規上、成立させられる場合もありますので、まずは、、、ご相談いただいた上で、、、、、、一緒に悩みましょう。。。いつでも御相談下さい


◆◆

26日
午前:某ハウスメーカーさんからのご相談打ち合わせ、その後、新築予定の歯科医院の打ち合わせ
午後:某宿泊施設の申請準備

27日
午前:さすがに日曜なんで、、、家で愛犬ジェットと抱き合って寝てました
午後:マーケティング基礎講座の宿題、、、(TT
これから:早く帰って、、寝ます。。。

今日は、、、ここまで・・・・・(^m^)/

何かご質問ございましたら、ご遠慮なくこちらまで
mail to ㈱北工房 栃木

幸せになるための家づくり from 北海道


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家の部に登録しています。1クリックして頂けると励みになります。もう少しで、、、best10.。

人気blogランキングへ
人気Blogランキングに登録しています。へぇ~そぅなんだぁ~~、、と、思って頂けましたら1クリックお願いします

株式会社北工房Webへは ↓ こちらから

[PR]

by kitakobo | 2007-05-27 18:12 | 建築すること・・つれづれに
2007年 05月 22日
札幌市木造住宅耐震診断補助
札幌市でもやっと耐震診断に関しての補助金が出るようになりました。
昨年は予算300万円、、、100軒分。。。
今年は予算900万円、、、ななななんと予算が300%UP!!!で、、、300軒に対して補助が出るようです。

●地震に備えて木造住宅の耐震診断をしませんか?
  (札幌市木造住宅耐震診断補助事業のご案内)


読むと、やたら手続きがめんどくさそう・・・(--;
なんで、3万円の補助を貰うのに、ここまでしなきゃならないのかなぁ?
対象となるのは、「昭和56年(1981年)5月31日以前に建築、又は着工された建物 」ですから、我々が言うところの新耐震以前の建物。築26年以上。。。。。
ほとんどが、多分、お年寄りがお住まいになっているはずで、HPの告知も多分意味無いだろうし、手続きだけで、嫌になりそう・・・・

で、、、耐震診断はタダでもねぇ、、、実際に耐震補強を、どの程度の方々がやっていただけるか不安です。。。

ま、、、とにかく、やらないよりは、やった方がいいに決まっていますし、私も「札幌市木造住宅耐震診断員」の講習に行ってきます。

何か不安な事があれば、、ご相談くださいね。。。/(^m^

一昨日:北見N様邸打ち合わせで、北見日帰り

昨日:終日事務所雑務及び設計打ち合わせ

午前:赤井川「森のテラス」パンフ用写真撮影
午後:事務所にて打ち合わせなど
これから:赤井川「森のテラス」打ち合わせ

今日は、、、ここまで・・・・・(^m^)/

何かご質問ございましたら、ご遠慮なくこちらまで
mail to ㈱北工房 栃木

幸せになるための家づくり from 北海道


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家の部に登録しています。1クリックして頂けると励みになります。もう少しで、、、best10.。

人気blogランキングへ
人気Blogランキングに登録しています。へぇ~そぅなんだぁ~~、、と、思って頂けましたら1クリックお願いします

株式会社北工房Webへは ↓ こちらから

[PR]

by kitakobo | 2007-05-22 16:11 | 建築してます(住宅)