タグ:欠陥住宅 ( 14 ) タグの人気記事

2011年 03月 09日
サッシの耐火性能不足│3万棟で耐火不足 大手5社で国の基準下回る
先だってトステムと三協立山アルミのサッシ耐火性能不足が発覚しましたが、泥縄式と言いますか、他のメーカーでも発覚。皆、横並びで一つの業界団体で認定かけていたのだから、当たり前と言えば当たり前。で、99%問題の業界団体にも国交省の「知見と経験のある専門家」であるところの官僚さんが天下っているはず。その辺、、ど~なのよ!!!と、言いたいが、まずは消費者としては、「連絡待ち」しかないのが実情。慌てて確認申請やら図面見たところで、ほとんどがサッシのメーカーもグレードも書いていないはず。さて、一次的にはメーカーが、、二次的には代理店・工務店が、個別の案件まで把握しきれるか・・・。一応、速報風にお知らせしておきます。

サッシ、3万棟で耐火不足 大手5社で国の基準下回る

【追記】

国交省から見解がリリースされました。

国交省の報道資料

尚、今回の件は、一般住宅(専用戸建)に限れば、「防火地域」「準防火地域」以外の地域に建つ住宅にはほとんど関係ありません。


北工房のあれこれを動画でご紹介
http://www.youtube.com/user/kitakobo?feature=mhum

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム
[PR]

by kitakobo | 2011-03-09 09:41 | 建築・へぇ~そぅなんだぁ~
2010年 10月 27日
お気の毒な「工事被害」
昨晩、ご相談に伺った御宅。もう倒産してしまった、「無落雪屋根の特徴的な外観の某社で8年前に建てられた住宅」ですが、かなり、お気の毒な状況。

元々は、<「揺れ」がひどい>とのご相談でした。新築時の図面をお借りして計算してみると、仮に、、、仮に、設計通りの施工が行われていたとしても、基準法ギリギリの耐震性。で、工事写真を拝見すると、当時、既に必要とされていたであろう補強金物が全く見当たらず。と、いう事は、当然、設計図上の性能以下なのは明白です。
で、、、、、腹立たしいのは、たまたまこの御宅、アパートを併設しておりましたので、確認申請上は中間検査が義務付けられていました。つまり、金物のチェックです。で、、それは、見事にOKが出ている。(*0*!!!!
どなたが、中間検査に来たのか、検査員名も判りますが、まぁ、、、ね、、(-へ- 。。いったい、何をチェックして帰ったのでしょう?図面も惨憺たる図面でした。。

「確認申請ってもね、、こんなもんなんですよ・・実は。。。。」と、小さい声で、私がしなくてもいい言い訳をせざるを得ませんでした。

で、、、更に、腹立たしいのは、この「無落雪屋根の特徴的な外観の某社」がリフォーム詐欺まがいのいい加減な補修工事をしている事。

設計図で見ても床の梁せいが不足気味。当然、竣工後、床が揺れるとクレームを出したのだそうです。で、それに対して補修工事に来たのだそうですが、、、かなり善意に解釈しても、ほんのちょっとでも建築をかじった人間なら、1年もすれば何の役にも立たなくなる、、と判断がつきそうな工事レベル。

当時は「かし保証」制度もありませんでしたので、倒産してしまった今となっては完全な泣き寝入り。

私もいろいろとお手伝いはして差し上げたいのですが、まずは、現状を客観的にご報告してきました。

この「無落雪屋根の特徴的な外観の某社」が作った3世代100年3階建て住宅、、、1階がコンクリート造の車庫の場合が多いのですが、このパターンの建て方、実は現在、法的にほとんど増築の道が閉ざされています。先だって、ある方から、「確認、受け付けて貰えなかった。。。TT。。。」。。とSOSの電話を頂戴しましたが、これもなんとも出来ず。「そうなんだよね、、手続き上は可能性は残っているんだけど、現実的には、もう<合法的>には増築できなんだよ」と言うしかありませんでした。
これは、この某社が悪い訳では無く、勝手にどんどん「基準」を変えてしまう建築行政に非がある。。


現在、建築基準法の見直しが行われています。聞くところでは「適合性判定」のなんちゃらと、大多数の住宅にはほとんど関係の無い論議が行われている模様。そんな事より、無い金はたいて一生に1回あるかないかの大事業を行う庶民の「住宅」がマトモに建てられるよう、、、マトモに孫子に相続できるよう、、、引き継いだ住宅を家族構成に合わせて、手が加えられるよう、、、にして欲しいものです。


やっぱ、、何かおかしいいぞ。。住宅行政。 凸_(-へ-#

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム
[PR]

by kitakobo | 2010-10-27 14:08 | 建築すること・・つれづれに
2009年 09月 08日
住宅履歴 社会実験に参加します 2
築20年程度の中古住宅でも、住宅履歴がはっきりしていれば、家そのものの残存価格が新築時の30%程度・・・・という試算があります。

現在の中古住宅流通では、中古住宅の場合、その価値というのはほとんど評価されません。仮に売ろうとした場合、売買価格として値づけされるのはあくまでも土地の価格。
その原因、、日本の税制の問題など、いくつかありますが、一番大きいのは中古住宅の、修繕記録や新築時の状態、違法建築かどうかなどなどが不明、、という事があります。
それが中古住宅の「現状引渡し」、、つまり、今の姿のまんまなんだから、買った後で文句、言わないでね。。。ってあたりです。

実際、私もリフォームなどのご相談を受けても、新築時の確認申請副本は無いのがほとんど。。もう、それが当たり前に近いぐらい、、、無いですねぇ。。(--。
あげくに、何か変だよなぁ。。。と思いつつ調べてみると、案の定、「違法建築」。建物を建てた後で、勝手に法律が変わって、結果として違法状態になってしまったってのは、、「既存不適格」と言って、救いようがあるのですが、悪意をもった、、、違法を承知で行った行為に関しては、その後の増改築の申請のしようがありません。。。
つまり、、、ずーっっと、違法行為を繰り返すしか無いのです。

新築時から、その後修繕、増改築の記録まで、オフィシャルな機関がきちんとした形で、記録を保存しておけば、、、、そんなアホな事態にならずに済む。。そもそも、違法行為をやって、いちいち記録に残す馬鹿はいないのですから、記録が残っている事がすなわち、「ちゃんとした家」の証明になる訳です。

その裏づけが担保されて中古住宅の「価値」として30%という数字が出てくるのですね。

食品や工業製品に関しては「トレーサビリティ」が姦しい昨今。やっと住宅にも、「公的」なトレーサビリティが生まれようとしています。

そのスタートライン・・・・社会実験に、、北工房は参加する事になりました。

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム
北工房ニュースレター2009夏号
北工房ニュースレター2009春号
北工房ニュースレター2009冬号
[PR]

by kitakobo | 2009-09-08 18:42 | 北工房の考え方
2009年 04月 27日
引き渡し前に2階トイレ配水管、水漏れ発覚!
RePLAN北海道さんの住宅クレーム110番の回答者として時々協力させていただいております。
しばらくの間、そのご質問と回答を再掲します。。と、、、こ~ゆ~のを一般に焼き直しとか、ネタ切れとか、手抜き、、って言うんですネ。((((^m^;;

引き渡し前に2階トイレ配水管、水漏れ発覚!
--------------------------------------------------------------------------------
<岡山県津山市・Mさん(その他・35歳・女)>

 明るい未来に胸を弾ませ、引き渡しまであと3日というところ。旦那さんと今一度不具合チェックして回っていました。すると、2階トイレの外側配管部分の壁が切り取られ、どうみても修復した跡があり、吹き付けていた壁も傷だらけになっていたため、どういうことかと慌てて業者に電話を入れたところ、2階トイレの配水管の接続ミスで水が壁を滴って流れていたことが、社内調査中わかったとのこと…。そこで「慌てて切り取って配管をつないで閉めました」とのことでした。
 その話を聞いて、私たちは唖然。どうして早く連絡を入れてくれなかったのか? 工事をする前になぜ一言もなく工事着工していたのか? 水がどれぐらい漏れていたのか? 水は取ってくれたのか? 家はどうなるのか? いろんな疑問が頭を混乱させ、私も怒りがこみあげて涙ながらに、現場監督、建築士に訴えましたが、タジタジで回答になっていません。
 旦那さんが、それ以外のこともあったので、怒ってこのままでは引き渡されても、印鑑は押せない! 何とかしてもらわないと!! と強く言い切り、銀行も引き渡し日に住宅ローン、登記準備していたのに、引っ越しも押し迫っていましたが、全部一時中断しています。

 今回水漏れといった最悪なことを隠していた建設会社への不信感や、今後どこまで責任を取ってもらえるのか話し合う必要がありますが、水漏れしている壁はいったいこれからふさがれたままどうなるか不安です。どこまで業者持ちかわからないですが、2階トイレの配管部分のやり直し工事もちゃんとしてくれるのかなど、不安だらけです。
 年内に引き渡しできるつもりだそうですが、私たちはもっと丁寧な仕事をして欲しいと思います。どこまでこちらから要求できるのでしょうか? 私たちは工事費全面と、これからのメンテナンス、新築がすでにリフォームとなるので、値引きを要望しています。

--------------------------------------------------------------------------------

アドバイスいたします
株式会社 北工房
代表取締役 栃木渡

 お気持ちを推察すると、胸が痛くなります。普通に考えれば、施工者が経緯を丁寧にご説明さえすれば、大きなトラブルになるような案件ではないと思うのですが。手抜きはいけないことですが、悪意のない多少のミスは大なり小なり、一品生産である建築工事にはつきものです。ミスが発生した場合、隠そうとせず、速やかに報告、事後対応を説明すれば済んだ話のようですが…何か施工者に他の事情があったのでしょうかね? 残念です。
 法的な判断は留保いたしますが、一般的なお話として、「引渡し」時には完全な形にして引き渡す必要がありますので、施工者として補修義務は明らかです。その点に関しては、譲らずに納得するまで主張しても構わないと思います。無論、2階トイレに関しての補修工事費は無償です。
 ただ、完全な形にしてくれた上で、さらに「値引き」などを必要以上に要求すると、先方の態度が妙に硬化するのも明らかです。お気持ちは充分わかりますが、「ボウズ憎けりゃ、袈裟まで、、何とか」式の要求をしないほうが、先方も対応しやすいのではないのでしょうか? 2階のトイレだけの話であれば、それほど過大な費用でないはずで、施工者はむしろその後、Mさんの要求がどのように膨らむかがわからないのが不安で、意固地な態度になっているような気がします。

 なお、老婆心ながら、現場保存のために写真などは、ちゃんと撮影しておいたほうがいいと思います。まずは現実的な対応をされた方が、Mさんにとって賢明ではないでしょうか?

a0041716_1442254.gif
住宅クレーム110番


株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム
北工房ニュースレター2009春号
北工房ニュースレター2009冬号
[PR]

by kitakobo | 2009-04-27 18:56 | 住宅クレーム110番
2009年 04月 22日
【住宅クレーム110番】コンパネ下地のクロスのしみについて
RePLAN北海道さんの住宅クレーム110番の回答者として時々協力させていただいております。
しばらくの間、そのご質問と回答を再掲します。。と、、、こ~ゆ~のを一般に焼き直しとか、ネタ切れとか、手抜き、、って言うんですネ。((((^m^;;

コンパネ下地のクロスのしみについて
--------------------------------------------------------------------------------
<札幌市・匿名さん(女)>

 平成15年築です。しばらくして窓枠まわりのクロスに赤茶色のしみが浮き出てきました。板の目の模様のようにも見え、調べると下地がコンパネのところに出てきているようです。最初はカビかと思ったのですが、クロスはがれもなく湿っている様子もありません。コンパネのアクが出てきているのでしょうか? また、クロス張り替え以外に目立たなくする方法はないのでしょうか?
 築後まもなく建築会社が倒産してしまい、アフターがまったく受けられない状態で、些細なことも聞くことができずに不安でいます。今のところ大きな瑕疵(雨漏り等)はないのですが、クロス等、細かい心配はたくさんあり、とても不安です。アドバイスお願いします。

--------------------------------------------------------------------------------

アドバイスいたします
株式会社 北工房
代表取締役 栃木渡

 室内側の窓のまわりの4周に木の枠を付けますが、デザイン的、コスト的に判断して、下の枠だけを取り付け、その他の3周は、合板で対応しその上にクロスや塗装で対応することもあります。今回はそのケースで、合板のアク(合板のノリや本来「木」が持っている油など)がクロス表面に発生したようですね。
 残念ながら、部分補修の方法は承知しておりません。同じ柄のクロスがあればいいのですが、それがないとなると、その壁全体か、その部屋一部屋の壁の全てを張り替えるしかなさそうですね。6畳程度の部屋の壁を張り替えると、使用するクロスにもよりますが、おおむね3万円~5万円程度になるかと思います。クロスは永久的な建材ではありませんので、全体のリフォームまで待ち、インテリア小物やカーテンなどの工夫で、目立たなくすることをお考えになってはいかがでしょうか?

a0041716_1442254.gif
住宅クレーム110番


株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム
北工房ニュースレター2009春号
北工房ニュースレター2009冬号
[PR]

by kitakobo | 2009-04-22 18:30 | 住宅クレーム110番
2009年 04月 18日
【住宅クレーム110番】外壁のヒビ割れ
RePLAN北海道さんの住宅クレーム110番の回答者として時々協力させていただいております。
しばらくの間、そのご質問と回答を再掲します。。と、、、こ~ゆ~のを一般に焼き直しとか、ネタ切れとか、手抜き、、って言うんですネ。((((^m^;;

外壁のヒビ割れ
--------------------------------------------------------------------------------
<三重県名張市・ジョンさん(会社員・57歳・男)>

 築15年目の住宅、2年前にリフォームということで外壁の塗装を行いました。最近、危険を感じる程度の板が割れるような大きな音がして業者に連絡したのですが、問題がないとの返事でした。
 数日後、外壁をチェックしていると、西面の外壁に1階の外壁から2階の外壁にかけて何本もの亀裂が入っていました。業者は、太陽の陽射しによる外壁の劣化が原因だとしています。ですが、一瞬で外壁に3~4メートルの亀裂が何本も入ることがあるのでしょうか。ひび割れの箇所は、雨が入ってくるのでパテをしています。 

--------------------------------------------------------------------------------

アドバイスいたします
株式会社 北工房
代表取締役 栃木渡

 写真を拝見すると、目に見える現象としては縦貼りサイディングのジョイント目地部分のズレのようです。
 しかしながら、文面からの情報ですと、腑に落ちないところがいくつかあります。「外壁の塗装」を行ったということですが、これは、写真を見るとサイディングの張り替えのことなのでしょうね。
 また、「太陽の陽射しによる外壁の劣化」というのも、あまり聞いたことがありません。サイディング自体が2年程度で紫外線劣化を起こすとは考えにくいですし、起こしたとしても「色あせ」程度だと思います。ジョイント部分の防水材は必ず紫外線劣化を起こしますが「一瞬にして」ということはありえません。
 大地震で建物が揺れた後には、このようなサイディングのズレを発症することがありますが、地震もないのに「ある日突然」というのも釈然としません。塗装(サイディング工事)が原因ではなく、もっと重篤な構造的要因が考えられますので、
信頼のおける専門家にご相談されるのをお勧めいたします。

a0041716_1442254.gif
住宅クレーム110番


株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム
北工房ニュースレター2009春号
北工房ニュースレター2009冬号
[PR]

by kitakobo | 2009-04-18 16:11 | 住宅クレーム110番
2009年 04月 17日
【住宅クレーム110番】建築中木材のカビ
RePLAN北海道さんの住宅クレーム110番の回答者として時々協力させていただいております。
しばらくの間、そのご質問と回答を再掲します。。と、、、こ~ゆ~のを一般に焼き直しとか、ネタ切れとか、手抜き、、って言うんですネ。((((^m^;;

建築中木材のカビ
--------------------------------------------------------------------------------
<静岡県・Eさん(主 婦・37歳・女)>

 現在、建築中の2階内装下地材にアオカビが多く認められました。すったもんだのあげく、カビ材と同じロットの材をすべて交換してもらうことになりましたが、「今までカビがあっても気にする人はいなかった」などと言われました。
 私たちは高額を支払い、理想や希望を持っているので、クレームをつけたことは当たり前だと思っていますが、アオカビなど当たり前なのでしょうか?

--------------------------------------------------------------------------------

アドバイスいたします
株式会社 北工房
代表取締役 栃木渡

 原因や対応をお尋ねのご質問ではなさそうなので、端的にお答えします。
 「アオカビは当たり前ではありません」
 少なくとも、私は初めて見ました。他人事のような言い方で恐縮ですが、凄いですね。明らかに部材の保管方法が悪かったようです。
 カビができるということは、「湿気」があるからです。木材の品質指標のひとつに「含水率」という指標があり、木材は乾燥しているほど、強度が強く、変形も起こしにくい材料です。
 その点から考えると、あきらかに「湿気」の多い場所に保管された木材を使用するのは、避けたほうがいいのは明白です。交換という処置は賢明だったと思いますし、「意識」の高い工務店さんではなさそうですので、今後も、留意して現場を観察する必要がありそうですね。

a0041716_1442254.gif
住宅クレーム110番


株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム
北工房ニュースレター2009春号
北工房ニュースレター2009冬号
[PR]

by kitakobo | 2009-04-17 10:51 | 住宅クレーム110番
2009年 04月 13日
【住宅クレーム110番】工事ミスによるALC板のことで悩んでいます
RePLAN北海道さんの住宅クレーム110番の回答者として時々協力させていただいております。
しばらくの間、そのご質問と回答を再掲します。。と、、、こ~ゆ~のを一般に焼き直しとか、ネタ切れとか、手抜き、、って言うんですネ。((((^m^;;

工事ミスによるALC板のことで悩んでいます
--------------------------------------------------------------------------------
<姫子さん(女)>
 外階段と外壁の隙間のコーキングのミスにより、2年近く階段の踊り場とALC外壁の隙間に水が溜まり、室内側まで濡れている状況です。その後、渇きやすい環境にし、2ヵ月以上過ぎて渇いてきてはいますが、いまだに触ると湿った感じがします。
 今後このまま、交換をせずこのALC板のままで問題はないのでしょうか? 大変心配です。良いアドバイスお願いいたします。
--------------------------------------------------------------------------------
 お住まいの地域がわかりませんが、冬期間気温が常に氷点下のような地域(関東以北)であれば、凍害発生の可能性があります。湿気や水分が凍結、融解を繰り返し、建材にさまざまな悪さをします。私は北海道在住で詳しくはありませんが、暖かい地域の場合は、蟻害、カビなどの心配があると推察します。どちらにしても、大なり小なり、悪さを発症するはずです。

 対処法ですが、ALCを取り替えて現況復旧しても、もともとの収まり(コーキングだけに頼る止水)が感心したものではありませんので、数年後には同じ症状を発すると容易に想像できます。コーキングは万能止水材ではありませんし、日光などで経年劣化しますので、数年で役に立たなくなるものとご認識ください。このあたりの理屈がわかっている設計者・施工者であれば、現況のような設計施工をそもそも行わないはずで、できることであれば、違う専門家にご相談されてみてはいかがでしょうか?

a0041716_1442254.gif
住宅クレーム110番

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム

北工房ニュースレター2009春号
北工房ニュースレター2009冬号
[PR]

by kitakobo | 2009-04-13 07:40 | 住宅クレーム110番
2009年 04月 09日
【住宅クレーム110番】壁の空洞
RePLAN北海道さんの住宅クレーム110番の回答者として時々協力させていただいております。
しばらくの間、そのご質問と回答を再掲します。。と、、、こ~ゆ~のを一般に焼き直しとか、ネタ切れとか、手抜き、、って言うんですネ。((((^m^;;

壁の空洞
--------------------------------------------------------------------------------
<神奈川県・としさん(会社員・37歳・男)>

 先日、ベッドを2階に運ぼうとして、1階階段の4段目横の壁に穴をあけてしまいました。壁は12ミリの石膏ボードのようです。穴を覗いてみると、断熱材がなく空洞で、隣のリビングの石膏ボードが丸見えでした。
 以前より、家の外周部分の壁が何かスカスカなように感じ、もしや断熱材がきちんと入っていないのでは?との疑問を感じておりました。また、隣家からの騒音がやたらと大きく聞こえ、反響しているような感じです。
 新築で家を建ててから4年9ヵ月です。24時間換気システムにはなっていますが、現在は動かしていません。 関連性と合わせて、ご教授いただきたく、お願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------------

アドバイスいたします
株式会社 北工房
代表取締役 栃木渡

 壊してしまった壁の穴から、隣の部屋が見えるということは、壊してしまった壁自体は外壁面ではありませんね。その場合、断熱材が入っていないのは、大きな問題ではないと思います。
 外壁面に断熱材が入っているかどうかの確認方法で最も簡単なのは、スイッチかコンセントをはずしてみることですね。外壁面にある、スイッチやコンセントのプレートはドライバーなどで簡単に取れますので、そのプレートをはずしてみると、壁の中がちょっとだけ覗けます。ペンライトなどで照らして中を覗いてみてください。
 音の問題やスカスカ感、換気の問題など、気になることはあるのでしょうが、断熱材の有無とすべてが直接関連しているとも思えません。まずは、断熱材の有無を確認してみてください。

a0041716_1442254.gif
住宅クレーム110番


株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム

北工房ニュースレター2009春号
北工房ニュースレター2009冬号
[PR]

by kitakobo | 2009-04-09 12:50 | 住宅クレーム110番
2009年 04月 08日
【住宅クレーム110番】湿気
RePLAN北海道さんの住宅クレーム110番の回答者として時々協力させていただいております。
しばらくの間、そのご質問と回答を再掲します。。と、、、こ~ゆ~のを一般に焼き直しとか、ネタ切れとか、手抜き、、って言うんですネ。((((^m^;;

湿気
--------------------------------------------------------------------------------
<大阪市:Yさん(主 婦・39歳・女)>

 築28年の実家のことですが、もともとの地盤のせいなのか、雨漏りをしていたせいなのかはわかりませんが、床下の湿気がひどく、最近では朝方や雨が降る前になると、家の前の土が湿って色が変わります。
 近々改装を考えているので、この際、床下にも何かしたほうがいいだろうと思い悩んでいます。専門の人には、床下の高さが低いと指摘を受けたことはあるのですが、今のところファンを付ける程度の対策しかできていません。
 ファンを増やせばいいのか、床下に一面備長炭を敷き詰める案もあったり、素人にはよくわからないのが現状で…。 写真などはないので、わかりづらいとは思いますが、何かいい案があれば教えていただきたいと思い投稿しました。よろしくお願いします。
 もともと土地の隣は池でした。海が少し近いという点もありますが、床下点検の業者さん曰く、真裏の家は全く湿気がないそうで、とても不思議です。
--------------------------------------------------------------------------------

アドバイスいたします
株式会社 北工房
代表取締役 栃木渡

 文面より推察できる範囲でお答えします。

 海のそばで、隣に池があったという部分から推察して、敷地がもともと谷地(やち:谷戸、谷津などとも呼ばれるようです。近隣にこのような地名がありませんか?)であった可能性が高いように思います。地盤も悪いのではありませんか? もともと地盤が悪いのに加えて、床下の地盤が周囲の地盤より低ければ、おのずと、床下に水が集まってしまいます。
 排水や除湿の方法は、程度に応じていろいろあるかと思いますが、いずれにしても改装の際に1階の床を部分的にでもはがしてみて、調査する必要があるように感じます。
 また、1階の床に使用している木材が腐っている可能性もありそうですので、その調査も併せて行ってみてください


a0041716_1442254.gif
住宅クレーム110番


株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム

北工房ニュースレター2009春号
北工房ニュースレター2009冬号
[PR]

by kitakobo | 2009-04-08 09:57 | 住宅クレーム110番