<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2009年 09月 27日
作品集にUpしてます・・・(^m^;;
本家のHP、、、全然、更新してないね・・・と先だって、ある方から突っ込みが入りました。そんな事無いですよ。。。今日、更新しましたし・・・(笑)

富良野で工事中の沖田様邸、先だってOPENしました「札幌がんフォレスト」の記事をUPしてあります。

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム
北工房ニュースレター2009夏号
北工房ニュースレター2009春号
北工房ニュースレター2009冬号
[PR]

by kitakobo | 2009-09-27 18:15 | 北工房の考え方
2009年 09月 26日
長期優良住宅 事業者支援セミナー
札幌において9/18長期優良住宅に取り組む事業者支援セミナーが開催され、お陰様で100名以上の住宅関連事業者さんにおいでいただきました。

a0041716_11505476.jpg
不肖、栃木は認定基準やらについて少々、レクチャー。認定基準、、、どちらかと言いますと本州スタンダードで作られています。ただ、そのお陰で、北海道のビルダーさんやなんかにとっては、本州ビルダーの皆さんに比較してハードルは低いはず。なんせ、、断熱なんかは普通にちゃんとやっているのですから・・・。(本州の家は、普通に、、、断熱してない家もあるんですよ・・・(*m*!!)

a0041716_11522925.jpg
お陰様で、弊社には現在、本州のビルダーさんからご相談やら、設計サポートのご依頼やらも頂いており、本州スタンダードと北海道スタンダードの違いを目の当たりにしています。北海道で仕事をしている立場の人間としては、やはり、北海道の地域ビルダーさんに頑張ってもらいたいのは本音。

住団連さん作成のテキストはあるのですが、「北海道仕様としての長期優良住宅」について、しゃべらせていただきました。お聞き頂いた皆様には感謝。限られた時間で少しでも多く情報をお伝えしたくて、いつもの通り、早口だったのは・・・・ごめんなさい。

a0041716_11533097.jpg
10月は、直江津、仙台、11月には五所川原・・・・に行く予定

長期優良住宅普及行脚?は続きます・・・・・
長期優良住宅に関する事業支援セミナーのご案内

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム
北工房ニュースレター2009夏号
北工房ニュースレター2009春号
北工房ニュースレター2009冬号
[PR]

by kitakobo | 2009-09-26 11:55 | 長期優良住宅
2009年 09月 08日
住宅履歴 社会実験に参加します 2
築20年程度の中古住宅でも、住宅履歴がはっきりしていれば、家そのものの残存価格が新築時の30%程度・・・・という試算があります。

現在の中古住宅流通では、中古住宅の場合、その価値というのはほとんど評価されません。仮に売ろうとした場合、売買価格として値づけされるのはあくまでも土地の価格。
その原因、、日本の税制の問題など、いくつかありますが、一番大きいのは中古住宅の、修繕記録や新築時の状態、違法建築かどうかなどなどが不明、、という事があります。
それが中古住宅の「現状引渡し」、、つまり、今の姿のまんまなんだから、買った後で文句、言わないでね。。。ってあたりです。

実際、私もリフォームなどのご相談を受けても、新築時の確認申請副本は無いのがほとんど。。もう、それが当たり前に近いぐらい、、、無いですねぇ。。(--。
あげくに、何か変だよなぁ。。。と思いつつ調べてみると、案の定、「違法建築」。建物を建てた後で、勝手に法律が変わって、結果として違法状態になってしまったってのは、、「既存不適格」と言って、救いようがあるのですが、悪意をもった、、、違法を承知で行った行為に関しては、その後の増改築の申請のしようがありません。。。
つまり、、、ずーっっと、違法行為を繰り返すしか無いのです。

新築時から、その後修繕、増改築の記録まで、オフィシャルな機関がきちんとした形で、記録を保存しておけば、、、、そんなアホな事態にならずに済む。。そもそも、違法行為をやって、いちいち記録に残す馬鹿はいないのですから、記録が残っている事がすなわち、「ちゃんとした家」の証明になる訳です。

その裏づけが担保されて中古住宅の「価値」として30%という数字が出てくるのですね。

食品や工業製品に関しては「トレーサビリティ」が姦しい昨今。やっと住宅にも、「公的」なトレーサビリティが生まれようとしています。

そのスタートライン・・・・社会実験に、、北工房は参加する事になりました。

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム
北工房ニュースレター2009夏号
北工房ニュースレター2009春号
北工房ニュースレター2009冬号
[PR]

by kitakobo | 2009-09-08 18:42 | 北工房の考え方
2009年 09月 06日
住宅履歴 社会実験に参加します 1
しばらく更新おさぼりでした。なんだかんだバタバタとした毎日を過ごしております。

さて、前の記事で東京出張の折、ついでに西洋美術館に行った事を書きましたが、その出張の本来の目的の成果・・・(^m^)v

このたび北工房は、国交省住宅履歴情報整備検討委員会の行う住宅履歴ストックに関する社会実験に参加する事になりました。

住宅履歴に関しては数年前より、「家歴書」などという名前で、散発的に、いろいろな団体や会社が取り組んでいました。
新築時の様々な記録をオフィシャルな機関が保存、その後、増改築やリフォームの際に活用、、、更には、売買時にも活用できれば・・・という試みです。車だったら、車検証はもちろんですが、定期点検記録ってのが必ず中古車売買の時にくっついてきますよね、、、あのイメージです。残念ながら、「家」に関してはそのシステム自体が存在せず、そんなところから中古の住宅等を買う時は、「家はタダで、土地の値段だけ・・」みたいな状態が続いていました。
これを何とか解消して、「履歴」のはっきりした建物を安心して購入、1軒の家の持ち主が代わったとしても長く使える世の中にしましょう・・・ってのが、最終目的です。
いろいろな名前で呼ばれていましたが、今回 「いえかるて」に名前を統一し、まずは、一軒、一軒のお住まいに、「ID」を振り分け、管理できる状態を作りましょう。。。で、それにあたって、「社会実験」と称し、「まずはやってみっぺ」それから問題点を一個一個解決するべ・・・・ちゅ~ことです。

ついこのあいだ、北工房は、その社会実験に参加する「共通ID配布機関」として認めていただきました。(^^)v
一応、「約60,000棟」分のIDを頂戴しましたが、、、、消化するには、、多分、、私があの世に行くまでかかるでしょうねぇ。。。(笑)

今後、北工房の関与する住宅には、全てIDを振って、その記録を保存する事になります。

そんな事して、具体的には何がど~変わっていくのか・・・は、、、次回。。。。

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム
北工房ニュースレター2009夏号
北工房ニュースレター2009春号
北工房ニュースレター2009冬号
[PR]

by kitakobo | 2009-09-06 12:39 | 北工房の考え方