2009年 10月 12日
十和田に素晴しい工務店さんがあった【十和田市 岩木建設】
10/9に長期優良住宅のセミナーで青森県の十和田市に行ってきました。
a0041716_11424270.jpg

お役に立てたかどうか判りませんが、地元の住宅関連業者さんにお集まりいただき、盛況で終了。
次の日、このセミナーをコーディネィト頂いた岩木建設の社長のご案内で、いくつかの現場と完成事例を拝見しましたが、、、、絶句。。。すばらしい。。。口先だけで長期優良だの、申請手続きがど~だのと、能書きばかりの自分が恥ずかしくなりました。
a0041716_11522224.jpg

現在工事中のお宅。何が素晴しいって、使っている材料(木)が素晴しい。。。そして、それらを使いこなす大工さん軍団。。。。お聞きすると、材料は毎年、取り置きして順次使えるように準備してあるとの事。写真に写っている梁も、少なくとも北海道でこんな新築現場は見た事ありません。左上に、柱と梁の仕口が写っていますが、完全に「大工の技」。現場に入っている大工さんの数も、一般的な住宅では、せいぜい平均して1~2人/日。ところが、ざっと見渡したところ7~8人で対応してました。現場でノミと金槌を使っているのも、久々で見ました。確かに、このような仕事をするためには、それだけ手間を掛けなければならないでしょうねぇ。。。柱も普通に8寸(24cm角、、、(**!!、、ちなみに一般的な家は10.5cm)
a0041716_122405.jpg

この写真を見ると、木がただ「組み立てて」あるのではなく「組み込んで」あるのが良く判ると思います。

で、既にお客様が住まわれている御宅に2軒ほどおじゃましました。いやぁ、、、まず、、土曜の休日の午前中に、、アポなしで伺って、どなたも気持ちよく見せていただけるのに驚愕。。。よほど、お客様といい関係にあるんでしょうね。。
a0041716_1271215.jpg
a0041716_1272227.jpg

上の画像の丸太の柱は「ケヤキ」の丸太、、、、下の画像、、、外部でもまんま「大工の技」を駆使しています。
こんな事はいわゆる「ハウスメーカー」では絶対に無理!!!!「口先だけ調子のいい設計屋」は、打ちひしがれて帰ってきました。

a0041716_11515244.jpg

岩木社長と専務の奥様。
地域に密着して、地域の材料を駆使して、地域の雇用を守り、地域の住民のために頑張っている工務店があります。きっと、地域の工務店が生き残るヒントは、こんなところにあるのではないかと、つくづく感じ、帰路の飛行機に乗りました。是非また、お目に掛かりたいと思います。

【内緒話】
その1 専務は、、「いやぁ、、社長の好きなようにやらせてたら、手間ばっかりくって、儲からないのさ」と愚痴ってましたが・・・(笑)
その2 夜、ご一緒に食事をしたのですが、、、社長の酔いが進むにつれ、、、ど~も半分ぐらいは、、、他国の言葉に聞こえてしまい、、、「いやぁ、、よく判ります」って言ってましたが、、、あれ、嘘です。。判っていませんでした。。m(_ _)m

住団連の長期優良住宅セミナー、工務店など事業者の皆さんはお申し込みいただければ出前講座を行います。
長期優良住宅に関する事業支援セミナーのご案内

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム
北工房ニュースレター2009夏号
北工房ニュースレター2009春号
北工房ニュースレター2009冬号
[PR]

by kitakobo | 2009-10-12 12:30 | 長期優良住宅


<< 11/7【完成住宅見学会】「団...      天地人の故郷へ >>