2012年 03月 11日
20110311
やはり、今日は、この事に触れざるを得ないでしょう。

1年前、私はいつものように札幌の事務所の、今、座っているこの場所で、普通に仕事をしていました。
少々、大きい地震が来たので、書架から本が落ぬように注意しながら、揺れをやり過ごし、また、いつものように仕事をしていました。その後、関東に住む友人からのメールで、事の大きさに仰天し、その後はTVの前で、うろたえるだけでした。

非力ではありますが、建築設計の仕事に携わっている私が、真っ先に思い浮かんだのは、阪神。阪神地区の建物の設計はしておりませんが、少なくとも、「建物の安全」の重要性を、もう少し世の中にひろめるお手伝いができていたなら、、、あのうちの一軒でも救えたかもしれない。とても後悔しました。

今回の「津波」は、個々の建物としては、さすがに何も抵抗出来なかったかもしれない。しかしながら、市井の設計屋の職責として、やはり、現地は確認しなければならない。「理論」では無く「現実」を確認し、これからの家づくり、まちづくりに役立てなければならない。その一念で、この1年で2回ほど現地にも伺いました。

凄惨なお話には、あえて触れません。

私も現役として設計に関わるのはもしやしてあと10年あるか無いか。。。設計に携わる限り、クライアントの安全を最優先に。そして、自らの「個」ではなく「公」を念頭に、、、設計業務を行なっていきたい、、、と、改めて、心に誓っています。

書きたいことは、山ほどありますが、それは取りもなおさず、今までの建築設計業界、住宅業界(私も含めて)に、唾する事になります。一般の方々に、お聞かせできないようなお話もあります。ただ、、、少なくとも、これからの北工房はそれらにくみしない。

改めて、弊社の経営理念を。

•「(株)北工房」は設計を通じて「北海道の建築環境」の向上を目指すプロフェッショナルの集団です。

•「(株)北工房」はプロフェッショナルとして「自由な発想と創造力」「確固たる技術とノウハウ」をクライアントに提供します。

•「(株)北工房」は「社会モラルを遵守」し、全ての業務に「プライドと責任」をもって臨みます。

•「(株)北工房」は仲間と共に、それぞれの「夢」の実現に向って走り続けます。


栃木個人として出来る事、北工房として出来る事、、、それらと、着々とやる続けるしか無い。

ご冥福をお祈り申し上げます。


北工房のあれこれを動画でご紹介
http://www.youtube.com/user/kitakobo?feature=mhum

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム

FacebookではBlogに書けない本音をエントリーしています。基本的に面識の無い方の「お友達申請」はお断りしていますが、「いいね」をポチッとしてくだされば、、、即「お友達」。。(^m^)/
facebookの北工房
[PR]

by kitakobo | 2012-03-11 11:50 | つれづれに・・・


<< 家は【買う】のか【作る】のか?      リノベーションとは。。。。 >>