「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
2012年 06月 27日
復興支援・住宅エコポイント、、、締切近し
復興支援・住宅エコポイント 今年度は「予約制」になりましたが、近々、締切になりそうです。たった今、某所より連絡が入りました。

予約申し込み受付終了見込みの約1週間前に国交省HPから発表があるはずですが、いづれにしても、お早めに!!!

http://fukko-jutaku.eco-points.jp/

北工房のあれこれを動画でご紹介
http://www.youtube.com/user/kitakobo?feature=mhum

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム

FacebookではBlogに書けない本音をエントリーしています。基本的に面識の無い方の「お友達申請」はお断りしていますが、「いいね」をポチッとしてくだされば、、、即「お友達」。。(^m^)/
facebookの北工房
[PR]

# by kitakobo | 2012-06-27 09:56 | エコポイント
2012年 04月 16日
リノベーション住宅推進協議会北海道部会 事業者向け特​別無料セミナー 
既存住宅ストックの増加と共に、住宅ストックを活用した​ビジネスが注目されていますが、この度、一般社団法人 ​リノベーション住宅推進協議会 北海道部会では、大島芳​彦氏(㈱ブルースタジオ専務取締役)をお招きし、事業者​向け特別無料セミナーを行う事となりました。
大島氏はANAオリジナルの機内放送番組「発想の来た道​」で、~家賃を倍にする建築家! 大島芳彦~ として紹介された気鋭の建築家です。
先着100名様限定無料となっています。また、セミナー​終了後、名刺交換会も予定されております。ふるってご参​加下さい。

 【住宅ストックを新たなビジネスフィールドに変える「リノベーション」】
家賃を倍にする建築家! 大島芳彦


尚、事業者向けセミナーとなっておりますので、一般の方は入場できません。
申し訳ありません。


5月17日(木) PM19:00〜(受付18:45〜​) 無料 先着100名
札幌市生涯学習総合センター ちえりあ 大研修室
〒063-0051 札幌市西区宮の沢1条1丁目1-1​0

問い合わせ先 : 一般社団法人リノベーション住宅推進​協議会 
担当:武部(たけべ) https://www.facebook.com/​hiro.takebe
東京都渋谷区渋谷1-6-5
TEL03-3486-2510
FAX03-3486-2511
                        
または 北工房:栃木までお問い合わせ下さい
北工房:011-622-7111 栃木:090-33​99-9166
https://www.facebook.com/​wataru.tochigi

大島 芳彦 プロフィール
㈱ブルースタジオ専務取締役 1970年東京生まれ。1993年武蔵野美術大学造形学​部建築学科卒業。 The Bartlett,University Collage London(英国)、Souyhern California Institute of Architecture(米国)に学ぶ。 石本建築事務所を経て2000年に㈲ブルースタジオ一級​建築士事務所取締役就任。2005年に㈲ホワイトスタジ​オ設立、代表取締役就任。建築家、不動産コ ンサルタントとして、自由かつ斬新な建築作品を多数手が​ける。 特にコンバージョン・リノベーションにおいては、「ラテ​ィス青山」をはじめ、06・07年に グッドデザイン賞連続受賞 など高い実績を誇る。 その他セミナー講演や執筆活動など、幅広いフィールドで​活躍中。
・著書:リノベーション物件に住もう!~「超」中古主義​のすすめ~河出書房新社
・コラム:「造る時代から使う時代へ」新建ハウジングR​(月刊)新建新聞社 賃貸住宅経営塾(季刊誌)コラム全国賃貸住宅経営協会他​多数
・新建築「住宅特集」(2011年11月19日発売、新​建築社)
    インタビュー記事:「 集まる人たちが、建築の価値になること 」
ANAオリジナルの機内放送番組「発想の来た道」で、~​家賃を倍にする建築家! 大島芳彦~ として放映されました
■国際線:2011年10月、11月上映 ■国内線:2​011年11月、12月上映

a0041716_1248811.jpg


北工房のあれこれを動画でご紹介
http://www.youtube.com/user/kitakobo?feature=mhum

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム

FacebookではBlogに書けない本音をエントリーしています。基本的に面識の無い方の「お友達申請」はお断りしていますが、「いいね」をポチッとしてくだされば、、、即「お友達」。。(^m^)/
facebookの北工房
[PR]

# by kitakobo | 2012-04-16 12:49 | リノベーション
2012年 04月 12日
中古の特権
ようやっと、世間的にも「リノベーション」という言葉が認知されてはきたようで、、、、嬉しい限りですが、今もって、根強い新築信仰。

東京とは少々事情が異なるにしても、札幌あたりだって、郊外に新築で2000万円以上出して新築を購入して、大通りまで通うのに交通費かけて、たまのススキノ行きで帰りにはタクシー代で数千円。一番痛いのは往復にかかる「時間」。これは価値換算するとプライスレス。少しでもお子さんと一緒の時間が多い方がいいと思うのですが・・・。

その点、リノベであれば、札幌の18丁目、28丁目、円山公園あたりで、1000万そこそこの中古を買ってリノベすりゃ、1500万程度で新築同様が出来上がっちゃう。何より、勤務先まで10〜15分。。。。

で、一番、心配なのは、、「でも古いんでしょ・・・・・」というあたり。

でもですね。木造orマンション、、問わず、平成12年以降は、なんにも構造基準が変わった訳じゃない。更に言えば、平成に入ってからは基本の考え方は何も変わっておりません。変わったのは、我々、設計者の「手間」と「労力」

中古の特権は、「場所も選べる」「金額もお安い→借金少ない」

年金もどうなるか判らない今、無理して背伸びして新築を購入されるよりは、「中古」という選択、、、充分「アリ」だと思うのですが、、、いかがでしょ?

北工房のあれこれを動画でご紹介
http://www.youtube.com/user/kitakobo?feature=mhum

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム

FacebookではBlogに書けない本音をエントリーしています。基本的に面識の無い方の「お友達申請」はお断りしていますが、「いいね」をポチッとしてくだされば、、、即「お友達」。。(^m^)/
facebookの北工房
[PR]

# by kitakobo | 2012-04-12 12:31 | リノベーション
2012年 04月 02日
北工房HP リニューアル しました
住宅PLAN 無料作成なんぞ、HPに載せなくとも、いつもやっているのですが、
遠慮がちの方もいらっしゃるのでは?と、あえてお申し込みフォームも含めて、リニューアルしました。

いつでも、ご遠慮なく。。(^m^)/

http://www.kitakobo.com/planning/


a0041716_1753465.jpg

[PR]

# by kitakobo | 2012-04-02 17:51 | 北工房の考え方
2012年 03月 26日
家は【買う】のか【作る】のか?
a0041716_1222857.jpg


あなたは、どちらでしょうか?もしも【買う】という方がいらっしゃたら、これから先は読む必要はありません。

【買う】【作る】の意識の差は、家づくりにおいて最後の最後まで尾を引きます。

【買う】方にとって、「0」からはじめる設計という作業はきっと「余計」な作業でしょう。何らかのご縁で私どもとお知り合いになり、設計作業を開始したとしても、元々、不承不承、依頼している作業ですから、必ずどこかで、ボタンのかけ違いがおきます。【買う】とは、目の前に、ある日突然、支払った費用に応じて、なんの努力をせずともドンと「製品」が提供される事ですから、相当のエネルギーを消費する設計という我々との共同作業には、非協力的にならざるを得ないでしょうし、何よりその労力が、日々苦痛になると思います。

【作る】方にとって、我々との「設計」という共同作業は、悩み多きものではありますが、完成した時の喜びは、なにものにも代え難いものとなるでしょう。何も無い敷地と頭の中に拡がっている「あなたの夢」の二つを結びつけるお手伝いをするのが我々の仕事です。時には「資金」という現実の中で、諦めざるを得ない夢もあるやもしれませんが、共同作業の中で、想像だにしなかった、宝物にめぐりあうかもしれません。

今まで数々の家づくりをしてはおりますが、少なくとも「あなたの家」を作るのは、あなたと同じように、私たちもはじめてです。また、どんなに頑張ったとしても、私たちはあなたの家族には成り得ません。経験と想像の中から、いろいろなアドバイスや提案は致しますが、最後の決断はあなた自身に行なっていただきます。その共同作業の中で、【買う】では得られるはずのない、喜びがきっとあるはずです。今まで、家づくりのお手伝いをさせていただいた、たくさんのお客様も、それぞれのご家族ごとの「喜び」と「かたち」を手に入れていらっしゃいます。

私たち北工房のお客様は家を【買う】方では無く、家を一緒に【作る】方です。そんなお客さまとは、たくさんお話をして、たくさん悩み、そして、倖せになる家づくりをしたいと願っています。

北工房のあれこれを動画でご紹介
http://www.youtube.com/user/kitakobo?feature=mhum

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム

FacebookではBlogに書けない本音をエントリーしています。基本的に面識の無い方の「お友達申請」はお断りしていますが、「いいね」をポチッとしてくだされば、、、即「お友達」。。(^m^)/
facebookの北工房
[PR]

# by kitakobo | 2012-03-26 12:23 | 北工房の考え方
2012年 03月 11日
20110311
やはり、今日は、この事に触れざるを得ないでしょう。

1年前、私はいつものように札幌の事務所の、今、座っているこの場所で、普通に仕事をしていました。
少々、大きい地震が来たので、書架から本が落ぬように注意しながら、揺れをやり過ごし、また、いつものように仕事をしていました。その後、関東に住む友人からのメールで、事の大きさに仰天し、その後はTVの前で、うろたえるだけでした。

非力ではありますが、建築設計の仕事に携わっている私が、真っ先に思い浮かんだのは、阪神。阪神地区の建物の設計はしておりませんが、少なくとも、「建物の安全」の重要性を、もう少し世の中にひろめるお手伝いができていたなら、、、あのうちの一軒でも救えたかもしれない。とても後悔しました。

今回の「津波」は、個々の建物としては、さすがに何も抵抗出来なかったかもしれない。しかしながら、市井の設計屋の職責として、やはり、現地は確認しなければならない。「理論」では無く「現実」を確認し、これからの家づくり、まちづくりに役立てなければならない。その一念で、この1年で2回ほど現地にも伺いました。

凄惨なお話には、あえて触れません。

私も現役として設計に関わるのはもしやしてあと10年あるか無いか。。。設計に携わる限り、クライアントの安全を最優先に。そして、自らの「個」ではなく「公」を念頭に、、、設計業務を行なっていきたい、、、と、改めて、心に誓っています。

書きたいことは、山ほどありますが、それは取りもなおさず、今までの建築設計業界、住宅業界(私も含めて)に、唾する事になります。一般の方々に、お聞かせできないようなお話もあります。ただ、、、少なくとも、これからの北工房はそれらにくみしない。

改めて、弊社の経営理念を。

•「(株)北工房」は設計を通じて「北海道の建築環境」の向上を目指すプロフェッショナルの集団です。

•「(株)北工房」はプロフェッショナルとして「自由な発想と創造力」「確固たる技術とノウハウ」をクライアントに提供します。

•「(株)北工房」は「社会モラルを遵守」し、全ての業務に「プライドと責任」をもって臨みます。

•「(株)北工房」は仲間と共に、それぞれの「夢」の実現に向って走り続けます。


栃木個人として出来る事、北工房として出来る事、、、それらと、着々とやる続けるしか無い。

ご冥福をお祈り申し上げます。


北工房のあれこれを動画でご紹介
http://www.youtube.com/user/kitakobo?feature=mhum

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム

FacebookではBlogに書けない本音をエントリーしています。基本的に面識の無い方の「お友達申請」はお断りしていますが、「いいね」をポチッとしてくだされば、、、即「お友達」。。(^m^)/
facebookの北工房
[PR]

# by kitakobo | 2012-03-11 11:50 | つれづれに・・・
2012年 02月 24日
リノベーションとは。。。。
リノベーション住宅推進協議会の事務局武部さんから、送られてきたメールが、あまりにも「大論文」「名文」なので、感服。。。
我々が、リノベーションにかける「思い」が伝わってきます。

故に、、、以下転載。。。。いいよね、、武部さん。。(^^)/

「リノベーション」という言葉も一般の方でも耳にされる機会も多くなり言葉はご存じの方が多いですが、リフォームとリノベーション、よく似た言葉が混在しており、なんとなく「リノベーション」と言った方がかっこいい、おしゃれなイメージで使われている現状。

業者からすると、真面目に検査、保証をしても、表面だけリフォームしてリノベーションと言ってる会社と差別化が難しい。

そこで消費者にも安心して選んでもらえるリノベーション、中古住宅を提供していくためにこのリノベーション住宅推進協議会が発足しました。同時にまじめに取り組んでいる事業者が正当に評価される市場を作っていくことでもあります。

また当協議会の大きな特徴は、これまで不動産業界、リフォーム業界、設計事務所などそれぞれの業界の団体はありましたが、当協議会では住宅、リノベーションに携わる業界がその垣根を取り払って、事業者だけでなく、メディア、金融機関、保険会社、建材メーカーなどみんなで消費者が安心できる基準を共有しようとしているのが大きな特徴でもあります。

具体的な協議会の活動としては、エンドユーザー向けのアクション、事業者向けのアクション、事業環境整備のアクションの3つになります。
まずエンドユーザー向けのアクションとしては、なんと言っても消費者が安心して選べるリノベーションの基準を作って安心できる住まいを供給していくことです。また、まだまだ新築志向が高い日本のエンドユーザーに向けてリノベーションの魅力、可能性を伝えていくという活動にも取り組んでいます。

二つ目、事業者向けアクションですが、これは基準を作ってそれを業界内に普及させていくことです。不動産業界、リフォーム業界というと、消費者からすると「悪徳」という言葉がすぐ連想されてしまう側面もあるのも事実だと思います。例えばこれまで検査、保証などに取り組んだことがない事業者にも、分かり易くノウハウを伝えていくことで業界全体のレベルの底上げをはかっていきたいと考えています。

3つ目は、事業環境整備のアクションです。これまで日本では新築志向が高く、税制優遇、金利優遇なども新築に手厚く、既存住宅は軽視されてきました。しかしこれからの時代は逆に新築よりもストックをいかに有効活用するかということに国も目が向いていますので、既存住宅の流通にメリットを構築していくことは必然的な流れだと思います。その中で一社ではなかなか国や業界に提言するのは難しいですが、業界団体としてこれらの構築に取り組んでいこうとしています。

リフォーム・・・部分的なリフォーム、
リノベーション・・築浅のものも築何十年の物件も一緒に既存住宅として扱うので必ずしも全部交換する必要はないが、その家で暮らし、家族構成やライフスタイルに合わせて包括的な改修を行うのがリノベーション。例えば、おじいちゃんおばあちゃんが住んでいた家を孫が引継いで、家族構成もライフスタイルも変わるので、必要に応じて少し間取りを変えたりするイメージ。

しかしながら実際にはリフォームとリノベーションについて、事業者によって考え方にもバラツキがあり、明確な線引きができないのが現状で、結局は消費者にとっても事業者にとっても曖昧になっています。
そこで協議会では消費者が安心して選べるリノベーションとして考えたのが優良なリノベーションという考え方です。

協議会の考える優良なリノベーションでは、まず、どこに工事が必要なのか?どこを交換する必要があるのか?あるいはどの部分はそのまま残して使えるのか?を「検査」します。それに基づいて「工事」をします。この「工事」の工程にはもちろん竣工検査も含まれます。

そして、それぞれその部分を交換したのか、どこが既存なのか「工事」の内容と「検査」の内容を協議会の標準書式の適合状況報告書を使用して報告します。さらに適合リノベーション住宅では、「アフターサービス保証書」を発行することが義務化されています。重要インフラに関しては、引き渡し日から起算して2年以上の保証を付帯します。

そして「住宅履歴」、平面図はもちろん、工事した内容、検査内容などを住宅履歴として蓄積し、消費者の方、将来リフォームされる際の予見情報として、あるいは売却される際の品質証明として活用いただける住宅履歴情報を協議会のサーバーに蓄積します。
この「検査」「工事」「報告」「保証」「住宅履歴」のフローを協議会では適合リノベーション住宅の統一規格として、住宅のタイプ別にそれぞれ基準を定めて、消費者が安心して選べる住まいを提供していこうとしています。


現在、某ビル2棟、住宅が1棟、店舗が1棟、、、リノベーション計画中。「新築」「建て替え」という選択だけではなく、「リノベーション」という選択肢も加えてみてはいかがでしょうか?

北工房のあれこれを動画でご紹介
http://www.youtube.com/user/kitakobo?feature=mhum

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム

FacebookではBlogに書けない本音をエントリーしています。基本的に面識の無い方の「お友達申請」はお断りしていますが、「いいね」をポチッとしてくだされば、、、即「お友達」。。(^m^)/
facebookの北工房
[PR]

# by kitakobo | 2012-02-24 12:16 | リノベーション
2012年 02月 21日
フェイスブック
気が付けば、あけましておめでとうから、はや、1.5ヶ月。ずいぶんと間を開けてしまいました。。。と、いいますのも、流行りのフェイスブック。。。こちらの方についつい力が入っておりまして、、、(^m^;;

Blogの記事をUPするよりは、敷居、低いもんですから、ついつい・・・(^^;;
よろしかったら、フェイスブック、、覗いてください。すでにフェイスブックのIDをお持ちの方は、「栃木渡」で検索して頂ければ、すぐ出てくると思います。フィード購読して頂ければ、幸せです。
アホ馬鹿話から、少々辛口の建築ネタまでエトセトラ、、書きなぐっています。

https://www.facebook.com/#!/wataru.tochigi

事務所の方は、、、、、
いくつかのリノベ計画、新築の住宅、、etc、、ちゃんと仕事してますよぉ〜。。。(^▽^
ただいま、久々の豪邸の計画中、、、で、、、煮詰まってますが。。(^^;;

北工房のあれこれを動画でご紹介
http://www.youtube.com/user/kitakobo?feature=mhum

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム

FacebookではBlogに書けない本音をエントリーしています。基本的に面識の無い方の「お友達申請」はお断りしていますが、「いいね」をポチッとしてくだされば、、、即「お友達」。。(^m^)/
facebookの北工房
[PR]

# by kitakobo | 2012-02-21 16:12 | つれづれに・・・
2012年 01月 05日
あけましておめでとうございます。
a0041716_10501051.jpg


あけましておめでとうございます。
今日から仕事始めです。

北工房の今年は、成すべき事が山盛りです。
皆様のお役にたてるよう精進致しますので、旧年と変わらずご指導ご鞭撻のほど、
よろしくお願いいたします。

北工房のあれこれを動画でご紹介
http://www.youtube.com/user/kitakobo?feature=mhum

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム

FacebookではBlogに書けない本音をエントリーしています。基本的に面識の無い方の「お友達申請」はお断りしていますが、「いいね」をポチッとしてくだされば、、、即「お友達」。。(^m^)/
facebookの北工房
[PR]

# by kitakobo | 2012-01-05 10:52 | つれづれに・・・
2011年 11月 27日
木のいえ事業 再延長
予想通り、、、再延長。。。
http://www.cyj-shien23.jp/home/2nd/index.html

とにかく、どうでもいいから、五月雨式に延長を重ねるのは、止めて欲しい。工務店さんが営業戦略作れない。っていっても、無いよりはいいのですが・・・・・・(-m-

北工房のあれこれを動画でご紹介
http://www.youtube.com/user/kitakobo?feature=mhum

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム

FacebookではBlogに書けない本音をエントリーしています。基本的に面識の無い方の「お友達申請」はお断りしていますが、「いいね」をポチッとしてくだされば、、、即「お友達」。。(^m^)/
facebookの北工房
[PR]

# by kitakobo | 2011-11-27 14:48 | 長期優良住宅
2011年 11月 19日
東北旅行 3
ついに来た。夢の曲り家。北海道では全くと言っていいほど見かけない形式の住宅。

a0041716_15375113.jpg
向かって左側が住宅。右側が馬小屋。家畜と寝食一緒にするほど、家畜は大事にされていたようです。しかしながら、当時はただの「農家」。無論、名のある大工さんが作ったはずもなく、近隣の材料で作ったであろう、「家」が、このたたずまい。。。。美しいです。

a0041716_1542122.jpg
住宅部分の内部。PLANは典型的な「田の字」PLANなんですが、この決して豪華とは言えない、、、(確かに壁の取り合いから外の光が漏れている。)和室も質実剛健。風情があります。今では決して作りえないであろう、木の造作。

a0041716_15445998.jpg
いわゆる後姿。。。現在の、在来木造では当たり前の「スジカイ」は一切ありません。「貫構造」と呼ばれる作り方。当時は、なんの計算もなかったのでしょうが、こうやって見ると、高級料亭のたたずまいですよね。盛岡ですから、当然、311の揺れにさらされているはず。今、我々が構造に汲汲としているのは、、いったいなんなんでしょう??

以降続く

北工房のあれこれを動画でご紹介
http://www.youtube.com/user/kitakobo?feature=mhum

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム

FacebookではBlogに書けない本音をエントリーしています。基本的に面識の無い方の「お友達申請」はお断りしていますが、「いいね」をポチッとしてくだされば、、、即「お友達」。。(^m^)/
facebookの北工房
[PR]

# by kitakobo | 2011-11-19 15:50 | つれづれに・・・
2011年 11月 17日
東北旅行 2

a0041716_1194936.jpg
盛岡でいくつか建築巡礼。まずは旧中村家。江戸の呉服屋さん&古着屋さん。。正面の店構え。格子戸が美しい。屋根の上、右側にある白い壁が「ウダツ」。防火用の壁。「ウダツ」が上がるの「ウダツ」です。

a0041716_11115412.jpg
内側から見るとこんな感じです。土間(三和土)があって、格子戸、戸の上にあるのは、蔀戸(しとみど)今でいうとオーバースラーダーでしょうか?防犯用、防雨、防風用でしょう。


a0041716_11173248.jpg
京都の町屋などでみられる「とおりにわ」。北海道生まれ育ちの私にとっては初体験。最近、北海道の住宅でも玄関を大きくとって、濡れたコートを脱いだり、乾燥室代わりに使ったりしていますが、その原型がこれ。靴(当時は草履か?)を履いたまま、奥の生活空間まで行けるという優れものです。明り取り&換気用にあけられた窓からの光が美しい。。。。。

アトリエテッラの堀岡社長と見学したのですが、完全貸切見学。思う存分、隅々まで見てきました。
。。。。続く。。。

北工房のあれこれを動画でご紹介
http://www.youtube.com/user/kitakobo?feature=mhum

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム

FacebookではBlogに書けない本音をエントリーしています。基本的に面識の無い方の「お友達申請」はお断りしていますが、「いいね」をポチッとしてくだされば、、、即「お友達」。。(^m^)/
facebookの北工房
[PR]

# by kitakobo | 2011-11-17 11:28 | つれづれに・・・
2011年 11月 16日
東北旅行 1
先だって2泊3日で、盛岡~陸前高田~一関(平泉)~松島 と旅してました。建築ネタを中心にいくつかご紹介、ご報告。



a0041716_16202650.jpg
第一の目的は、岩手中小企業家同友会創立20周年記念の式に参加する事でした。当然、311に関して、避けられる訳も無く、地元の社長さん達のお話を直接伺ってきました。無論、状況は悲惨なのですが、お話をしてくださる皆さん、、「泣き笑い」「笑い泣き」、、、人間のたくましさを感じられずにはおりません。
どんな状況でも、「夢」や「希望」さえあれば、人間、何度でも立ち上がれる。。。。



a0041716_16244967.jpg
記念式典会場に飾られていた寄せ書き。たぶん、中学生くらいでしょうか?「東北に遊びに行こう。。」。これが、我々に出来る事なのかな?と思って見ていました。

被災された皆さんに、支援物資や義捐金も必要なのですが、何より欲しいのは「雇用」「仕事」と、口をそろえておっしゃいます。当座の生活も大事なのですが、「仕事」が決まらないうちは、「夢」も「希望」ももてない。将来設計もたてられない。。。その為には経済活動を、昔以上に廻さなければならない。義捐金は将来のために当然、懐に入れて温めてしまうでしょうから、経済活動を回すためには、我々が、現地に行って「お金を使う」のが、最も簡単で効果があるのかと思います。

みんな、、、普通に、笑顔で、、東北に遊びに行きませんか?

北工房のあれこれを動画でご紹介
http://www.youtube.com/user/kitakobo?feature=mhum

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム

FacebookではBlogに書けない本音をエントリーしています。基本的に面識の無い方の「お友達申請」はお断りしていますが、「いいね」をポチッとしてくだされば、、、即「お友達」。。(^m^)/
facebookの北工房
[PR]

# by kitakobo | 2011-11-16 16:35 | つれづれに・・・
2011年 10月 29日
嬉しい頂き物
昨年末より、弊社にて設計、監理と進んできました、北海道日産千歳支店のお店が、ほぼ出来上がりました。
2011/11/05 グランドオープン予定です。

で、突然支店長様から「栃木さん、、、、ちょっとお話が・・・(--。。」とお呼び出し。
ひぇ~~(^m^;;;なんかチョンボがあったかしらと、ドキドキしておりましたら、支店のスタッフの皆様から、、、という事で、感謝状?を頂戴しました。
a0041716_17355994.jpg

失礼ながら、いかにも手作り感いっぱいの額ですが、嬉しかった。。。。。です。

自慢じゃないですが、一昔前、官庁物件の設計を数多くやっていた頃は、竣工時にセレモニーで必ず感謝状を頂戴していましt。「○○何チャラ局 局長 ナンチャラ」みたいな方から、仰々しく頂戴していましたが、いかにも「賞状!!!!」みたいな感じで、、ましてや、ほぼ「もれなく」頂けたものですから、、、、まぁ、、あんまりね。。(^m^;;

今回のは、たぶん、お忙しい中、文言に知恵を絞り、さぞや、、言葉になりにく文字で、大変だったでしょう。
私の名刺には「虹を追っかけてみる」と一言、添えてあるのですが、それに引っ掛けて画像も「虹」

「渡りゆく七色の虹は夢の​続きの架け橋」ってフレーズは、、、、、いいっすねぇ~~~(^​▽^)/
(今度、、、どっかで、使わせてもらおうっと・・・)

ちょっと「誉め過ぎ」、、さすがの私も、「匠」やら「偉人」ってのは、、、((((((((^_^;) 。いまさら、そんなにハードル上げないでください!!!( i ◇ i ) って感じですが、、、、、

北海道日産の役員様はじめ、スタッフの皆さん、、、ありがとうございました。。。。本当にうれしいです。

北工房のあれこれを動画でご紹介
http://www.youtube.com/user/kitakobo?feature=mhum

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム

FacebookではBlogに書けない本音をエントリーしています。基本的に面識の無い方の「お友達申請」はお断りしていますが、「いいね」をポチッとしてくだされば、、、即「お友達」。。(^m^)/
facebookの北工房
[PR]

# by kitakobo | 2011-10-29 17:44 | 建築すること・・つれづれに
2011年 10月 14日
ホームページ リニューアル!!
ホームページ プチ リニューアル致しました。見易さを心がけたつもりですが、如何でしょうか?


株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/






北工房のあれこれを動画でご紹介
http://www.youtube.com/user/kitakobo?feature=mhum

株式会社 北工房 ホームページ 
http://www.kitakobo.com/


ご相談などございましたらこちらから → メールフォーム

FacebookではBlogに書けない本音をエントリーしています。基本的に面識の無い方の「お友達申請」はお断りしていますが、「いいね」をポチッとしてくだされば、、、即「お友達」。。(^m^)/
facebookの北工房
[PR]

# by kitakobo | 2011-10-14 13:13 | 北工房の考え方